- Blog記事一覧 -股関節の痛み | 加古川市新神野 ひさき鍼灸整骨院の記事一覧

股関節の痛み | 加古川市新神野 ひさき鍼灸整骨院の記事一覧

「股関節痛の40歳以降の女性にやってほしい体操3選」

2019.03.15 | Category: 股関節の痛み

女性の方の服や装飾品などお買い物をされるときの歩く距離というのは、なかなかすごいものがありますね。

 

体力のあるはずの男性のほうが根をあげてしまう場合がありますが、楽しいとついつい時間を忘れてしまうものです。

 

でも、ふと我に返った際に、歩いていると股関節周辺がだるくなったり痛くなってくることはないですか?

 

治療をさせていただいていると、もともと股関節に骨格的な問題がある方以外にそこにだるさや痛みを訴えらえる方は、40歳以降の女性に多いように思えます。

 

歩くということは日常生活を送るうえで基礎となることですし、歩くことで股関節周辺にだるさや痛みがでるということは、仕事や家事・趣味をスムーズにおこなう上で支障をきたしてきます。

 

そこで今回は40歳女性以降の方が訴えることの多い股関節周辺の症状に対処するための体操を紹介させていただきます。

 

この体操をしていただくことで股関節周りを強化して、日常生活を快適に過ごすことができます。

 


40歳女性以降の方が訴えることの多い股関節のだるさや痛みは、

 

“股関節周辺の筋力低下”

 

より起こっていることが多いです。というのも、人間が他の哺乳類と違い2足歩行に進化したことに関係します。

 

股関節は人間の関節の中で最大の大きさを誇る関節です。つまり人間の行動するうえで大きな力が加わる関節ということでもあります。人間が2足歩行を始めた原因は諸説ありますが、気候変動によって食べ物の資源が限られた際により良い環境に長距離移動するために発達したともいわれています。

 

しかし股関節はもともと、4足歩行から発達した関節のために、股関節の一番安定している状態というのは、赤ちゃんがハイハイするような四つん這いの状態です。四つん這いの状態は、股関節の関節と関節の凹凸がしっかりはまり込み関節的に安定します。しかし2足歩行の状態は、関節の自由に動けるようになった代わりに、股関節の関節と関節の凹凸のはまりが浅くなります。その股関節の関節と関節の凹凸のはまりをカバーするのが、股関節周りの筋肉・靱帯・関節包となります。特に股関節の関節と関節の凹凸のはまりをカバーする影響録画強いのが、股関節周りの筋肉です。

 

つまり、股関節周りの筋力が低下することで、股関節が不安定になり歩いたり階段を上ったりする際などにだるさや痛みがでて支障をきたすようになります。

 

数年前から「コアトレーニング」「インナーマッスル」とかいう言葉が使われるようになり、プロのスポーツ選手はもちろんのこと一般的に鍛えることを推奨されるようになりました。その代表格の筋肉が股関節周りに集中しています。股関節周りの筋肉は、簡単に言えば体を動かし支えるための土台となる部分なんです。

 

私も股関節周りの筋肉を鍛えたことから、腰痛を解消できました。また最近では、剣道をする際に気合を入れるための声の大きさ・発声量もやるとやらないでは明らかに違うことがありますので、活発に体を動かすためには必要な筋肉であると実感しています。そこで今回股関節周りの筋肉の鍛えた方として3つ紹介させていただきます。

 

①フロントブリッジ

床にうつぶせになり、上半身を起こして前腕を床につける

 

 

ひざを浮かせて肩からくるぶしまで体が一直線になる状態で20秒静止する。10回×3セット、1日1回おこなってください。

 

 

②ヒップリスト

仰向けになって、両手を体の横に置き、両かかとをお尻の近くに近づけてひざを立てる。

 

 

肩からひざがまっすぐなるところまで腰をゆっくりと浮かせる。10回×3セット、1日1回おこなってください。

 

 

 

③サイドブリッジ

床に横向きになって、上側の手を腰に当て、下側の肘を支点に腰を床につけた状態で状態をおこす。

 

 

ゆっくり腰を上げて、体の状態が一直線になったところで10秒静止する。これを左右交互に10回×3セット、1日1回おこなってください。

 

 


私はフルマラソンも行いますが、スタート前にプロの選手やタイムが言い方の股関節周りの状態を観察していると、ほれぼれするほどしなやかでそれでいてしっかりしまった筋肉をしているのがわかります。やはり体の安定性をだそうとすると、股関節周りの筋肉を鍛えるのは必要不可欠であるなと感じます。ですから、今回紹介させていただいた体操をしていただいて、股関節周りの筋肉を鍛えだるさや痛みをとるとともに、体の安定性を作っていただければ幸いです。

 

それでも股関節周りのだるさや痛みがでるようでしたら、『接骨鍼灸院じんぎゅう』にご相談ください。股関節・骨盤周りのバランスを整えて日常生活を快適に過ごせるようにお手伝いをさせていただきます。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


当院は完全予約制となっております。事前にお電話もしくはネットにて、ご予約お願いいたします。

 

ご予約は、電話番号 079-490-5955 よりお願いいたします。

 

ネット予約は、ホームページ(https://sekkotsushinkyu-jingyu.com/)よりお取りください。

 

治療中のため、電話にでられない場合もございます。折り返しお電話させていただきますので、お手数をおかけしますが、お名前とお電話番号を留守番電話へお願いいたします。

 

当日のキャンセルは、電話にてお願いいたします。

 

【診療時間】

月・水・木・金・土 11:00~21:00

日曜日 13:00~19:00

休診日 火曜日

 

講習会などにより、臨時で休診させていただく場合もございます.

ホームページ、お電話にてご確認のほどをよろしくお願いいたします。

 

【料金】

初診料 8000円

2回目以降 6000円

 

【アクセス】

〒675-0001

兵庫県加古川市新神野5丁目7-7 津田ビル1F-A

JR加古川線神野(かんの)駅から徒歩5分

フーディーズ神野・ゴダイドラック神野店に向かって右隣りのビル1階 左側手前のテナント

 

【駐車場】

1台駐車可能です。

当院がはいっている建物に向かって右隣りの駐車場。駐車場に入って左列の4番目が当院の駐車場となっております。

「つまずくことが多くなった40歳女性にやってほしい運動3選」

2019.02.24 | Category: 股関節の痛み

何もないのにつまずいてしまうことはないですか?

 

過去にどのような状況でケガをしたことがありますか?という質問をさせていただいたときに、家の中でつまずき転倒して骨折をしたとか、買い物中につまずき転倒にて擦り傷だらけになったというような話を多く聞きます。

 

「骨を強くするより、転ばないことが大切」ともいわれているぐらいで、つまずいて踏ん張ることができればいいのですが、転んでしまうことも多いですよね。

 

転倒すると、骨折はしなくともその時は打ち身の痛みだけを感じるだけかもしれません。しかし、体を打ち付けることで、体を守らなければということで筋肉は過度に収縮することで体を固くし、また転倒時の衝撃が打った以外の部分に伝わり痛みを引き出すことがあります。

 

実際に治療をしていても、転倒によるケガは体のバランスを大きく崩して、整えるのにお時間をいただくことが多いです。ですから、先ほども記述した「骨を強くするより、転ばないことが大切」というのも、転倒時とその後の体の不調を見ているので、もっともなことという実感はあります。

 

そこで今回は、つまずき防止のための運動を紹介させていただきます。

 

この運動をしていただくことで、つまずくことを減らし痛い思いをしないで済むようになります。

 


そもそもつまずきやすくなる原因の一つとして、

 

“股関節周辺の筋力の低下”

 

があげられます。

 

股関節は人間の関節の中で最大の大きさを誇ります。それだけに骨も靱帯も筋肉も丈夫にできています。私も実際に解部の現場で股関節をみましたが、靱帯や筋肉に何重にもくるまれて厳重に保護されている関節であることを感じました。人間が二足歩行となったことと関係もするのですが、股関節が大きくできているということはそれだけ負担がかかるということです。股関節にかかる負担は、

 

“体重の約10倍”

 

とも言われています。足のつまずきにかかわる関節の一つであるひざ関節は体重の約3倍負担がかかるといわれています。このひざ関節にかかる負担ですら相当なものなのですが、股関節のほうがかなりの負担がかかっていることがわかります。ですから、股関節周辺の筋力が低下することは股関節の運動の一つである歩行に影響します。特に40~50歳の女性に股関節運動の低下傾向があり、筋力を維持するための努力が必要になります。その運動方法としては、

 

①枕つぶし

仰向けで寝て、運動する股関節とひざを曲げて、その下に柔らかい枕やバスタオルなど厚みのあるものをひきます。

 

 

お腹に力を入れながら、ひざ下に引いた枕やタオルにひざを3秒押し付けてつぶします。

 

 

1セットは、押し付ける動きを10回。3~5セットをやってみてください。

 

 

②ブリッジ

仰向けに寝て、手は体の横に置きます。膝を曲げてかかとをお知りに近づけます。

 

 

上半身がまっすぐなるように3~5秒お尻を持ち上げます。

 

 

1セットは、お尻を持ち上げる動きを10回。3~5セットをやってみてください。

 

 

③もも上げ

ひざが90度になる高さのイスに腰かけ、背筋を伸ばし、手は太ももの付け根に置きます。

 

 

太ももの付け根を抑えたままその場で足ふみをします。

 

 

 

1セット20回を5~10セットをおこなってください。

 


股関節周りの筋肉は、大きい筋肉で一部は体の奥にありますので、なかなか鍛えにくい部分ではあります。足をあげたり踏ん張ったりするだけではなく、上半身と下半身のつなぎ目でもあるので、全身のバランスや安定感を出すにも非常に重要な部分です。足がつまずきだした際には、股関節周りの筋力低下を疑って頂いて、今回紹介させていただいた運動をやってみてください。

 

それでも足のつまずきが頻繁に起こるようでしたら、『接骨鍼灸院じんぎゅう』にご相談ください。全身のバランスを調整して足のつまずきを軽減するお手伝いをさせていただきます。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


当院は完全予約制となっております。事前にお電話もしくはネットにて、ご予約お願いいたします。

 

ご予約は、電話番号 079-490-5955 よりお願いいたします。

 

ネット予約は、ホームページ(https://sekkotsushinkyu-jingyu.com/)よりお取りください。

 

治療中のため、電話にでられない場合もございます。折り返しお電話させていただきますので、お手数をおかけしますが、お名前とお電話番号を留守番電話へお願いいたします。

 

当日のキャンセルは、電話にてお願いいたします。

 

【診療時間】

月・水・木・金・土 11:00~21:00

日曜日 13:00~19:00

休診日 火曜日

 

講習会などにより、臨時で休診させていただく場合もございます.

ホームページ、お電話にてご確認のほどをよろしくお願いいたします。

 

【料金】

初診料 8000円

2回目以降 6000円

 

【アクセス】

〒675-0001

兵庫県加古川市新神野5丁目7-7 津田ビル1F-A

JR加古川線神野(かんの)駅から徒歩5分

フーディーズ神野・ゴダイドラック神野店に向かって右隣りのビル1階 左側手前のテナント

 

【駐車場】

1台駐車可能です。

当院がはいっている建物に向かって右隣りの駐車場。駐車場に入って左列の4番目が当院の駐車場となっております。

「足がだるい事務職の40歳代女性の方にしてほしいストレッチ」

2019.01.26 | Category: お尻の痛み,ふくらはぎの痛み,体操・ストレッチ,股関節の痛み

座りっぱなしのお仕事は、どうしても同じ姿勢を保つために、偏った負担が体にかかり、体のあちこちにしんどさを感じだします。

 

そんな色々なしんどさのなかに、“足がだるい”と感じることはないですか?

 

長い時間座りっぱなしで仕事をしていて、ちょっと立ち上がってからの歩き始めや、階段を上るときになんとなく足が重いときがありますよね。

 

足が重だるくなってくると合わせてそのほかに、足がむくんだり何もないのにつまずいたりと、気が付かないうちに少しずつ体に異変が出始めているはずです。

 

私も経験がありますが、仕事中の気が張っているときにはまだ動けますが、仕事が終わって帰り道なんかは、足が重くて引きずるように帰る時がありました。

 

仕事柄、帰宅中に皆さんの歩き方を見ていると、特に女性の方が重そうに歩かれているのが気にかかります。妙に足音をさせて歩かれたり、ガニ股になって歩かれたりしているのを見るにつけお体が疲れているのだな~と感じてしまいます。

 

そこで今回はそんな足が重い時にやっていただきたいストレッチをご紹介させていただきます。

 

このストレッチをしていただくことで、足の重だるさを軽減してスムーズに歩行する助けになります。

 


座りっぱなしで仕事をしていると足が重だるくなる原因は、

 

“股関節周りの筋肉の柔軟性が低下しているため”

 

なんです。

 

体は動かしている時だけ筋肉を使っているだけでなく、同じ姿勢をキープするためにも使っています。座るという姿勢は、胴体や骨盤が前や後ろに倒れないように、人間の筋肉の中でもかなり大きい股関節周りの筋肉が使われています。長時間座ることで、股関節周りの大きな筋肉は疲れてしまって、歩いたり立つときに股関節周りの筋肉をつかおうにもだるさがでてしまいます。

 

股関節周りの筋肉は大きくて強力なだけに、その柔軟性を失うとクッションを失うわけなので、腰痛や肩こりを2次的に引き起こしてしまいます。

 

ですから、自宅に帰ってお風呂から出た後、3~5分ほど時間をとっていただいて、今回紹介させていただくストレッチをやってみてください。

 

足のだるさ解消とともに、血流がよくなることで足のむくみにも効果的です。ストレッチ方法としては、

 

①お尻のストレッチ

仰向けに寝て、両膝を曲げて立て、右の曲げて立てたひざの上の太ももに左足を浅く乗せる

 

 

 

下半身を左に倒し、ひざの上の太ももにのせた左足で右ひざを床に10秒間押し付ける。2回繰り返したら、足を変えて右側のひねりをやってください。

 

 

 

 

②太ももの前側ストレッチ

床に四つん這いになって、左足を前に大きく踏み出し、左手を右側前方につけ、右手で右足首をもち、右のお尻につける

 

 

 

体重を前にかけて、太ももの前を10秒間伸ばす。それを2回繰り返したら、足を変えて左太ももを伸ばしてください。

 

 

 

 

③太もも後側ストレッチ

床に座った状態で、右足を伸ばし外へ開く。右の足先は外へ向ける。左足はひざを曲げ、左足の裏が右ふともも内側にむける。

 

 

 

体を10秒間前に倒して右太もも裏を伸ばす。それを2回繰り返したら、足を変えて左太もも裏を伸ばしてください。

 

 

 

 

④股関節の奥のストレッチ

床で外側に出すように左の片ひざ立ちに、右ひざは曲げて床につける。

 

 

 

両手を左太ももの上に置いて、体重を左前に移動して沈み込みながら、右の股関節を10秒間のばす。2回繰り返した後、足を交代して左の股関節を伸ばしてください。

 

 

 


股関節は人間の体の中で一番大きい関節です。その関節を動かしたり固定したりする筋肉も強力です。長時間座る仕事には欠かせない筋肉だけに、メンテナンスも必要になってきます。今回ご紹介させていただいたストレッチをすることで、お仕事の助けになれば幸いです。

 

それでも足の重だるさが残るようでしたら、『接骨鍼灸院じんぎゅう』にご相談ください。全身のバランスを整えて足のだるさやむくむが改善できるようにお手伝いさせていただきます。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


当院は完全予約制となっております。事前にお電話もしくはネットにて、ご予約お願いいたします。

 

ご予約は、電話番号 079-490-5955 よりお願いいたします。

 

ネット予約は、ホームページ(https://sekkotsushinkyu-jingyu.com/)よりお取りください。

 

治療中のため、電話にでられない場合もございます。折り返しお電話させていただきますので、お手数をおかけしますが、お名前とお電話番号を留守番電話へお願いいたします。

 

当日のキャンセルは、電話にてお願いいたします。

 

【診療時間】

月・水・木・金・土 11:00~21:00

日曜日 13:00~19:00

休診日 火曜日

 

講習会などにより、臨時で休診させていただく場合もございます.

ホームページ、お電話にてご確認のほどをよろしくお願いいたします。

 

【料金】

初診料 8000円

2回目以降 6000円

 

【アクセス】

〒675-0001

兵庫県加古川市新神野5丁目7-7 津田ビル1F-A

JR加古川線神野(かんの)駅から徒歩5分

フーディーズ神野・ゴダイドラック神野店に向かって右隣りのビル1階 左側手前のテナント

 

【駐車場】

1台駐車可能です。

当院がはいっている建物に向かって右隣りの駐車場。駐車場に入って左列の4番目が当院の駐車場となっております。

「雑草に負けない!草抜き中にできる簡単ストレッチ」

2018.07.13 | Category: 股関節の痛み,肩こり,腰痛,膝の痛み

爆発的に植物が育つ、初夏になりました。

 

普段、趣味で畑作業をされている方にとっても、夏野菜の収穫でうれしい悲鳴をあげられている頃ですね。

 

しかし、雑草も旺盛に育ち、“草抜き”で忙しい時期でもあります。

 

「草抜きって辛いですよね?」とお聞きすると、意外にも「楽しいよ~。」という答えが返ってきます。

 

その理由をお聞きすると、草抜き作業中は、余計なことを考えず“無心”でできて、終わった後はきれいになっている“達成感”があるから、とのこと。

 

なるほど、心のリフレッシュには良い条件がそろっているのですね。

 

ただ、時間を忘れての集中作業なので、同じ姿勢・同じ動作が多く、身体への負担がなかなかのものになります。

 

ちょっとでも負担が減らせないものかと、草抜きするときの方法をお聞きすると、低い座イスに座られてされる方が多いようです。

 

そこで、草抜き中にイスに座りながらできる、簡単ストレッチをご紹介させていただきます。身体を柔らかくして、何度でも草抜きが楽しきできる身体にしていきましょう。

 


 

【畑での状況】

低い椅子に座り、長靴をはいて草抜きをしているという状態を想定してのストレッチとしています。

 

【イスに座っての上半身へのストレッチ】

草抜きは、猫背状態で上半身が丸い状態で固まってしまいます。

首・肩・背中・腰・脇・腕を伸ばすイメージで、やってみてください。

 

顔を上に向けて、腰を反らして、背伸び。

 

顔をおへそを見るように下にさげ、肩甲骨を外に広げるように、腕を前に伸ばす。

 

胸を広げ、肩甲骨を寄せるように、腕を後ろに伸ばす。

 

【イスに座っての下半身へのストレッチ】

低い椅子で座って、膝を曲げこんでの状態は下半身の血行が悪くなり、脚が固まってしまいます。

太もも~ふくらはぎ裏を、伸ばすイメージでやってみてください。

 

片足を曲げ、もう片足の膝を伸ばして、脚を外斜めにだす。

両手を前に伸ばし、身体を前に曲げる。

できれば、足を伸ばしたときに、足の親指を外へ向ける。

右足を伸ばした後は、左足も伸ばしてください。

 

片足を曲げ、もう片足の膝を伸ばして、脚をまっすぐ前にだす。

伸ばした足の反対側の腕を、伸ばした足先を触るように伸ばしてください。

できれば、足を伸ばしたときに、足の親指を内へ向ける。

右足を伸ばした後は、左足も伸ばしてください。

 

【回数】

基本は、30分に1回ぐらいのペースですが、草抜き作業中に、ふっと一息ついた時にやってみてください。

各種類、10秒づつぐらいで、1回伸ばしてください。

全部やっても、1分ぐらいで終わります。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


 

【まとめ】

私は、年に2回だけ叔母の畑作業を手伝いに行きます。

体力はそこそこあるほうだと思うのですが、畑作業は全く別物。毎年ボロボロになって帰宅します。

そんな経験から、少しでも助けになればと、紹介させていただきました。ちょっと水分補給などで一息ついたときに、やってみてください。

 

 

それでも草抜き作業で身体が辛いときには、『接骨鍼灸院じんぎゅう』にご来院ください。楽しく、継続的に草抜きができるようお手伝いさせていただきます。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


完全予約制となっております。事前に電話もしくはネットにて、ご予約をお願いいたします。

 

ご予約は、電話番号 079-490-5955 よりお願いいたします。

治療中のため、電話にでられない場合もございます。折り返しお電話させて頂きますので、お手数をおかけしますが、お名前とお電話番号を留守電へお願いいたします。

 

ネット予約は、ホームページhttps://sekkotsushinkyu-jingyu.com/ よりお取りください。

 

 

【診療時間】
月曜日~土曜日 11:00~21:00
日曜日     13:00~19:00
休診日     火曜日

 

講習会などの為、臨時で休診させていただく場合もございます。お電話にてご確認のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

【料金】
施術料 6,000円
初診料 2,000円

 

 

 

【アクセス】
〒675-0008
兵庫県加古川市新神野5丁目7-7 津田ビル1F-A
TEL079-490-5955

JR加古川線神野(かんの)駅から徒歩5分
フーディーズ神野、ゴダイドラック神野店にむかって右隣のビル1階
駐車場1台(ビルに向かって右側の駐車場、左列4番目)

アクセス情報

所在地

〒675-0008
兵庫県加古川市新神野5-7-7 津田ビル1F-A

駐車場

1台あり

当院に向かい右側に駐車場がございます。駐車場入り口より、左列4番目が当院の駐車スペースとなっております。

休診日

水曜日・日曜日

予約について

当院は完全予約制となっております。

治療中は電話対応ができない場合もございます。留守番電話へお名前・電話番号・診察番号をご伝言ください。後ほど折り返しご連絡いたします。
ホームページからネット予約も出来ますのでご利用ください。