- Blog記事一覧 -「その腰痛は胃腸の調子が悪いから?そんな時に押すツボ」

「その腰痛は胃腸の調子が悪いから?そんな時に押すツボ」

2019.04.17 | Category: 腰痛

腰痛の方のお体を触らせていただいていると、特に腰に鍼を刺した際に「ん?」と刺した感触に違和感じて、

 

「胃腸の調子はどうですか?」

 

とお聞きするとちょっとびっくりされた感じで、

 

「そうなんです、調子悪いんです、わかるんですか?」

 

という返答が返ってくることが多いです。

 

腰痛は筋肉や関節の不具合やアンバランスから起こることが多いのですが、そのほかに内臓の調子やストレスからも引き起こされることがあります。

 

先日も腰痛の患者さんに食生活をお聞きすると、疲れて食欲がないけど無理にでも食べて体を回復させようと、激辛のカレーを食べて無理やりご飯をかきこむ日常を繰り返しているというお話を聞かせていただきました。

 

確かに“食べ力”という言葉があるように、食べることは健康にとって大変重要なパーツです。しかし、辛味やカフェインなどの刺激物や食べる量が行き過ぎると、胃腸の消化吸収が追い付かず、内臓を疲れさせてかえって回復を妨げるばかりか、今回上げさせていただいたような腰痛をも引き起こします。

 

そこで今回は、胃腸の調子が悪く腰痛も伴っているときに押してほしいツボをご紹介させていただきます。

 

このツボを押して頂く事で胃腸を整え体の回復を早め、腰痛も軽減することができます。

 


胃腸と腰痛が関係するのは、

 

“胃腸と腰の痛みを伝える神経通路が同じであるため”

 

だからです。もう少し詳しく言えば、普段は胃腸と腰では圧倒的に腰から痛みを脳に伝えることが多いです。しかしたまに胃腸から「痛いです~」と脳に伝えても、痛みを伝える通路が腰からと一緒であるため、胃腸からの連絡が腰からの連絡であると脳が誤解をして、休ますようにとサインを送るために痛みを間違って腰に送ってしまいます。

 

気を付けていただきたいのは、腰痛を伴う胃腸に疲れが考えられる場合は、生命の危機にさらされる病気が隠れている場合があります。そのリスクを下げるためにも、「便がアスファルトのように黒い」「便に赤い血が混じっている」という状態でしたら、内科・胃腸科・肛門科などの病院で精密検査を受けてください。「便がアスファルトのように黒い」なら胃腸に、「便に赤い血が混じっている」なら大腸に病変による出血がみられる反応です。普段から便の状態をみてください。

 

そのようなリスクがないようでしたら、腰痛を伴う胃腸の不調を整えるツボとして、

 

“足三里(あしさんり)”

 

というツボがあります。

 

ツボのとり方としては、ひざのお皿の外側下の部分のへこんだ部分から指四本部分下にとります。また違う目安としては、脛の真ん中の尖った外側を下からなぞっていくと、ひざ近くで外側にカーブしていきます。そのカーブの角にツボがあります。上からと横からの写真のマークの部分が“足三里(あしさんり)”となります。

 

“足三里(あしさんり)”は、お腹の炎症や痛みを抑えるなど総合的に効くツボです。私もお腹が痛いときにこのツボを押していると不思議とお腹の痛みが軽くなった経験があります。

 

また胃の状態を映像で検査しながら、“足三里(あしさんり)”に鍼を刺した際に、胃に動きがみられたと報告されています。つまり腰やお腹から離れた場所ではありますが、胃腸によい刺激を与えなおかつ自分で自分のツボを押さえやすい場所でもあります。

 

 


胃腸の調子がおかしい場合は、先ほど説明させていただいたように腰痛を引き起こす上に、神経通路的に肩首にも影響を及ぼすことがあります。反対に腰を治療していると、胃のガスであるげっぷや便意をもよおしたりと、胃腸によい動きがでての調子がよくなる場合があります。

 

腰痛になるとどうしても腰の表面の状態に意識がいきがちですが、内臓からの影響もあると意識していただいて、普段の食生活を気を付けていただくとともに、今回紹介させていただいたツボを押していただくことでお体を整えていただければ幸いです。

 

それでも腰痛と胃腸の調子が悪いことが続くようでしたら、『接骨鍼灸院じんぎゅう』にご相談ください。腰の筋肉・関節と胃腸を同時に整えるように治療をさせていただきます。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


当院は完全予約制となっております。事前にお電話もしくはネットにて、ご予約お願いいたします。

 

ご予約は、電話番号 079-490-5955 よりお願いいたします。

 

ネット予約は、ホームページ(https://sekkotsushinkyu-jingyu.com/)よりお取りください。

 

治療中のため、電話にでられない場合もございます。折り返しお電話させていただきますので、お手数をおかけしますが、お名前とお電話番号を留守番電話へお願いいたします。

 

当日のキャンセルは、電話にてお願いいたします。

 

【診療時間】

月・水・木・金・土 11:00~21:00

日曜日 13:00~19:00

休診日 火曜日

 

講習会などにより、臨時で休診させていただく場合もございます.

ホームページ、お電話にてご確認のほどをよろしくお願いいたします。

 

【料金】

初診料 8000円

2回目以降 6000円

 

【アクセス】

〒675-0001

兵庫県加古川市新神野5丁目7-7 津田ビル1F-A

JR加古川線神野(かんの)駅から徒歩5分

フーディーズ神野・ゴダイドラック神野店に向かって右隣りのビル1階 左側手前のテナント

 

【駐車場】

1台駐車可能です。

当院がはいっている建物に向かって右隣りの駐車場。駐車場に入って左列の4番目が当院の駐車場となっております。


アクセス情報

所在地

〒675-0008
兵庫県加古川市新神野5-7-7 津田ビル1F-A

駐車場

1台あり

当院に向かい右側に駐車場がございます。駐車場入り口より、左列4番目が当院の駐車スペースとなっております。

休診日

水曜日・日曜日

予約について

当院は完全予約制となっております。

治療中は電話対応ができない場合もございます。留守番電話へお名前・電話番号・診察番号をご伝言ください。後ほど折り返しご連絡いたします。
ホームページからネット予約も出来ますのでご利用ください。