- Blog記事一覧 -花粉症 | 加古川市新神野 ひさき鍼灸整骨院の記事一覧

花粉症 | 加古川市新神野 ひさき鍼灸整骨院の記事一覧

「食べ物で花粉症対策をしてみましょう」

2019.02.23 | Category: 花粉症

現在、国民の4人に1人は花粉症だといわれています。

 

花粉症を克服するためどうすればいいのか?毎年のようにはやりのグッズや方法が紹介されています。

 

しかしなかなかこれといった決め手もなく続かないですよね。

 

私もだいぶんにましになりましたが、花粉症体質なので2月3月4月に生活習慣を乱すと、花粉症スイッチがはいって色々と厄介な状態になることは長年の傾向からわかっているので、体調を整えることが花粉症対策となっています。

 

花粉症の対策をとって実際に軽減したという方にお話を聞いてみると、特に気を付けたのは“食事”とおっしゃる方が多いです。毎年出ては消える花粉症対策ですが、結局は健康を維持するには、基本に立ち返るというのが大事なようです。

 

そこで今回は花粉症対策となる食についてご紹介させていただきます。

 

これを知っていただくことで、花粉症によって体調を崩すことを軽減して、健康な状態で体調を維持することにつながります。

 


花粉症を軽くしようするためには、免疫機能や体を自動的に整えてくれる自律神経作用の活性化が必要です。そのための食事の工夫としては、

 

①腸に善玉菌をふやす

第二の脳といわれる腸で、免疫や自律神経作用に非常に関与します。腸内環境を整えるには、腸内を整えてくれる乳酸菌やビジフィス菌などの善玉菌をヤクルトやヨーグルトなどの発酵食材で取り込んだり、善玉菌の原料となるオリゴ糖を取り込んでください。そうすることで腸内環境は改善され、免疫や自律神経作用に作用し花粉症対策となります。

 

②食物繊維をとる

便秘となると、腸内を整える善玉菌が減り悪玉菌が増えます。そのことで腸内環境は乱れます。不溶性の食物繊維は腸内の水分を吸収し、腸を刺激することで便通を促します。結果、腸内環境も整い花粉症対策につながります。

 

③温かい食べ物をとる

体温が低いとそれだけ免疫作用が下がってしまいます。生野菜や果物、冷たい飲み物や食べ物をなるべく避けて、体を温める食事をしてください。

 

④花粉症に効く食材

・レンコン

レンコンをとることでアレルギー反応がさがったという研究報告がされています。

・バナナ

バナナを食べ続けることで、くしゃみが緩和されたという研究報告がされています。

・ヨーグルト

ヨーグルトの成分は、花粉症の原因である抗体を抑える作用があるとされています。

・きくらげ

ビタミンDが最近の研究では花粉症を抑える作用があるとされています。ビタミンDを多く含む食材は、きくらげ。

 

⑤花粉症を悪化させる食材

 

・トマト

トマトは特にアレルギー物質であるヒスタミンを多く含んでいるため。スギやヒノキを原因に持つ花粉症の方は特に要注意食材です。

・メロン

ブタクサ系のアレルギーの方は、ウリ系(メロン・キュウリ・スイカ)に反応しやすいので注意が必要です。

・ファーストフード

ハンバーガーやお菓子などトランス脂肪酸が含まれている食事は免疫を下げる作用があることがわかっています。

・アルコール

アルコールは鼻水・くしゃみ・鼻づまりなど、鼻に関する症状を悪化させます。

・小麦粉

小麦粉に含まれるグルテンと呼ばれる物質は腸に負担をかけ、結果腸内環境が乱れることで体調に影響がでると報告されています。

 


花粉症対策として食に注目すると、色々と気を付けることがわかります。結局のところ、いかに腸内環境を整えるかということに集約されることになります。今回紹介させていただいたことをやっていただいて、花粉症を少しでも軽くすることのお手伝いとなれば幸いです。

 

それでも花粉症がつらいようでしたら、『接骨鍼灸院じんぎゅう』にご相談ください。花粉症に対する鍼治療をおこない、花粉症シーズンを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


当院は完全予約制となっております。事前にお電話もしくはネットにて、ご予約お願いいたします。

 

ご予約は、電話番号 079-490-5955 よりお願いいたします。

 

ネット予約は、ホームページ(https://sekkotsushinkyu-jingyu.com/)よりお取りください。

 

治療中のため、電話にでられない場合もございます。折り返しお電話させていただきますので、お手数をおかけしますが、お名前とお電話番号を留守番電話へお願いいたします。

 

当日のキャンセルは、電話にてお願いいたします。

 

【診療時間】

月・水・木・金・土 11:00~21:00

日曜日 13:00~19:00

休診日 火曜日

 

講習会などにより、臨時で休診させていただく場合もございます.

ホームページ、お電話にてご確認のほどをよろしくお願いいたします。

 

【料金】

初診料 8000円

2回目以降 6000円

 

【アクセス】

〒675-0001

兵庫県加古川市新神野5丁目7-7 津田ビル1F-A

JR加古川線神野(かんの)駅から徒歩5分

フーディーズ神野・ゴダイドラック神野店に向かって右隣りのビル1階 左側手前のテナント

 

【駐車場】

1台駐車可能です。

当院がはいっている建物に向かって右隣りの駐車場。駐車場に入って左列の4番目が当院の駐車場となっております。

「花粉症で鼻水がうっとおしい方に押していただきたいツボ3点」

2019.02.20 | Category: 花粉症

冬が終わりかけて春の始まりが感じられると、「花粉症」を発症する方が増えてきますね。

 

私も高校2年生ごろから花粉症を発症しました。しかしその頃は花粉症という言葉が浸透していないころで、風邪もひいていないのに何でこんなに鼻水がでるのだろうと不思議に思ったものでした。

 

花粉症は今なっていなくても、何歳になってもデビューしてしまう病気というか症状です。実際見ていてもものすごい体力がある方でも、花粉症の季節は熱まででてしまって活動できないといったことや、ご高齢になってから発症されるなど、色々な方を診てきました。

 

今や花粉症は国民病ともいえるほど発症している方がますます増えています。専門の治療やグッズも増えてきていますが、なかなか思うように治っていかないのが現実です。

 

「花粉症になって一番困ることは?」という質問でアンケートを取ったところ、「目がかゆくなったり鼻水がでることで、仕事や家事が集中できない」ということがトップの回答となりました。

 

確かに目がかゆくてこすってしまったり、鼻をすすりながら作業をしていると注意力が散漫になって、何をするにも作業効率が落ちてしまう経験はあります。

 

鼻水などは、鼻をかみすぎて鼻の下の皮膚が荒れてしまって、痛い思いをされる方は少なくありません。

 

そこで今回は花粉症の中でも特に不快な症状である鼻水がでることを軽減するツボを紹介させていただきます。

 

これを知っていただくことで、花粉症による鼻水の不快さを軽減し、仕事や勉強・家事などを作業する集中力を保てるようになります。

 


そもそも花粉症とは、植物の花粉が大量に空気中に放散される時期に、花粉がどうしても呼吸を通じて体の中に入ってきてしまいます。その花粉を体のほうが、ウイルスや菌のような体に害をなすものだと反応してしまいます。

 

そうすると、害のあるものを外に出そうという反応を体が自動的に行います。花粉症特有の体の反応である「くしゃみ」は有害なものを外に出す反応ですし、「鼻水」は粘液で有害なものを鳥もちのように引っ付けて体の中に入らないようにする反応です。

 

この反応を穏やかにするには、免疫反応を安定させることが必要です。これは体が自動的に行い反応するものなので、コントロールが難しい。そうするためには生活環境や生活習慣の改善が必要ですが、なかなかできないうえに体質改善は早期には結果出ません。

 

花粉症を軽くするために生活改善と体質改善をおこないながら、同時にいまいまの花粉症による鼻水の不快さを軽減するためのツボを3つ紹介させていただきます。

 

①合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指が交わるくぼみの部分にツボがあります。顔の症状には何でも効くツボでもあります。

 

 

 

②迎香(げいこう)

鼻の両端の盛り上がった部分の両脇で、鼻から唇にかけてあるシワ(ほうれい線)の上にツボがあります。

 

 

 

③攅竹(さんちく)

眉毛の内側の両端の少しくぼんだ場所にツボがあります。

 

 

 

ツボを押す注意点としては、「気持ちいい」ぐらいの圧で押してください。

 


花粉症は作業をする集中力の低下のほかに、何かと体に炎症を起こしやすくなります。腰痛や首の痛みや手首・膝・足首といった関節に炎症も起こしやすくなります。それを防ぐには、睡眠と食事をしっかりとることで免疫を整えることが大切です。生活習慣を整えながら、そのうえで今回紹介させていただいたツボを使って頂いて、花粉症による鼻水が出すぎるのを軽減し、作業効率を上げていただければ幸いです。

 

それでも花粉症で鼻水がなかなか収まらないようでしたら、『接骨鍼灸院じんぎゅう』にご相談ください。免疫と整えて花粉症が軽減できるようにお手伝いさせていただきます。

柔道整復師・鍼灸師 久木崇広 監修


当院は完全予約制となっております。事前にお電話もしくはネットにて、ご予約お願いいたします。

 

ご予約は、電話番号 079-490-5955 よりお願いいたします。

 

ネット予約は、ホームページ(https://sekkotsushinkyu-jingyu.com/)よりお取りください。

 

治療中のため、電話にでられない場合もございます。折り返しお電話させていただきますので、お手数をおかけしますが、お名前とお電話番号を留守番電話へお願いいたします。

 

当日のキャンセルは、電話にてお願いいたします。

 

【診療時間】

月・水・木・金・土 11:00~21:00

日曜日 13:00~19:00

休診日 火曜日

 

講習会などにより、臨時で休診させていただく場合もございます.

ホームページ、お電話にてご確認のほどをよろしくお願いいたします。

 

【料金】

初診料 8000円

2回目以降 6000円

 

【アクセス】

〒675-0001

兵庫県加古川市新神野5丁目7-7 津田ビル1F-A

JR加古川線神野(かんの)駅から徒歩5分

フーディーズ神野・ゴダイドラック神野店に向かって右隣りのビル1階 左側手前のテナント

 

【駐車場】

1台駐車可能です。

当院がはいっている建物に向かって右隣りの駐車場。駐車場に入って左列の4番目が当院の駐車場となっております。

アクセス情報

所在地

〒675-0008
兵庫県加古川市新神野5-7-7 津田ビル1F-A

駐車場

1台あり

当院に向かい右側に駐車場がございます。駐車場入り口より、左列4番目が当院の駐車スペースとなっております。

休診日

水曜日・日曜日

予約について

当院は完全予約制となっております。

治療中は電話対応ができない場合もございます。留守番電話へお名前・電話番号・診察番号をご伝言ください。後ほど折り返しご連絡いたします。
ホームページからネット予約も出来ますのでご利用ください。